上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年2月チョウゲンボウが厚木市で保護されました。
原因は衝突と思われるますが外傷などは見られませんでした。
4月に入り放野にむけ訓練を開始しようとしたところ左足の握りが弱く
とまりにしっかり乗れないことが判明、様子見のため一時訓練を中止しました。
その後注意深く観察を続けましたがなかなか握力が戻らないまま寒い時期に突入してしまいました

年が明け春が近づく頃、ようやく握力も正常にもどり、いよいよ訓練開始です。

P5130047.jpg

一か月半の訓練で体力も充分に付き、エサも取れることが確認出来たのでいよいよ放野です
おりしも5/15,16は平成22年度野生動物救護ボランティア講習会の日、
受講生の方々の前での公開放野となりました

公開前に皆さんにお披露目です



加藤先生の説明を聞いてます。



なかなか飛ばないので・・・・



保全センターの屋根でしばらく様子見してます。



このあと元気に飛び立ちました
一度は放野をあきらめかけた子ですが青空にむけ力強く羽ばたく姿に感激もひとしおです。
野生でたくましく生きていってくれますように



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。